幸せへの扉

繰り返し目にする数字パターン。これはいったい何を意味するのだろう。それが自分を導くエンジェルナンバーの存在に気づくきっかけだった。
その数字の意味を調べはじめたら、それは全てが今の自分へのメッセージだった。天使は少し前を歩きながら、道を示す。迷いそうになったら諭し、寂しくなったら愛のこもった言葉で励ます。始めからずっとそばにいてくれたのだ。すべての人のそばに。

私自身を認める

わたしはたくさんのものを与えられている

そして、これまで

たくさんのことを成し遂げてきた

わたしはいろいろ頑張って乗り越えてここまでやってきた

わたしはたくさんのものを持っている


これからはこう考える


実際には、ひとは現状に満足しないもの

なにかを得ても足りないだけに目がいってしまうもの

そのためにいつも不満や不安が心のなかに蔓延っている


自分に関することをいつもそんなふうに捉えたままでは

心が晴れることはない


たしかに

まだ足りないものがあるかもしれない

まだ出来ていないことがあるかもしれない

まだ得られてないものがあるかもしれない


しかし

不満ばかり並べずに

持っているもの、やってきたことにあえて目をむけよう


これまでたくさんのことに取り組み、改善をしてきた

だから今ここにいるのだ

どれだけ時間と努力を費やしてきただろう


いつだって一生懸命だった


わたしはそれを認める


それを誇りに思う


たとえ誰かと比べてちっぽけなことだとしても

他のだれと比べなくてもいい


足りてるものも足りないものも

許せるものも許せないものも

すべて与えられたわたしの人生


現状に満足したら、そこで終わりだと言われることがある

満足したら向上はしないのだと


満足しないからこそ躍起になって

補おうとしたり

改善しようとしたり


しかし、現状に不満を感じたまま

走り続けてもずっと苦しいだけだった


力尽きてしまう


これからはもうそんなやり方はしない


だめに思えても

すべて認めて、許して

愛するようにする

そう考えて、心からトゲトゲしたものを追いやれば

どんなにか心が穏やかになるだろう


そんな気持ちを持つからこそ

これから本当の意味で

もっともっと大切にわたし自身を慈しみながら育てていけるのだから

感動する心

大人になるにつれ

歳を重ねるにつれ

何かに感動する心が失われてきていた


子どもの頃のように

目を輝かせて

なんの混じりけもない心で夢中になったこと

無心になること

ワクワクすること


そんな生きる力

沸き起こるようなエネルギーを

少しずつ奪われていったような気がする


どうすればいい


どうすれば心が晴れるのだろう


帰りたい

戻りたい

取り戻したい


自由な心を


『子ども頃に夢中になったことを思い出して』


『もう一度、それをやってみて』


『そのなかにヒントがある』


そんな言葉を目にして


今さらという気持ちを持ちながらも、もう一度やってみた


昔、夢中になって弾いていたピアノ

ピカピカとした白と黒の鍵盤から

心地よい音が紡ぎ出されて

虜になっていた


子どもだったわたしに音楽の美しさと楽しさを教えてくれたピアノ


地元のコンサートホールのピアノを弾かせてもらえる機会があった


弾き始めた途端

そのきらびやかな音色が

わたしの心に忘れていた喜びとときめきを連れてきた


子どもだった自分が戻ってきて

夢中になって弾いた


しばらく弾いていなくて

あの頃みたいにはぜんぜん弾けなくなったが

そんなことは問題ではない


心がキラキラした喜びで一杯になった


大人になってからこんなふうに感じることは少なくなっていた


物事をなんでも理詰めでばかり考えていた


いつも先のことを心配してばかりいた


いつも何かに批判的になっていた


誰かの目を気にしていた


なにもかも窮屈だった


感動するのになんの理由もいらない


なにかを基準にする必要はない


素直に

あるがままに


ただ美しいから


ただ心を打つから


素直に感動する心


わたしはそれを呼び戻したかったに違いない


手入れもせずにずっと弾かずに脇へ追いやっていたピアノがわたしに教えてくれた


わたしは

たすけてくれたピアノに

「ありがとう」と言う

新しい抱負

毎年、新しい年を迎えると決まって気持ちを新たに仕切り直したくなる


これまでの気分を一新したくなったり

これまで染み付いた悪習慣をきっぱり改めたくなったり


たいそうな目標を掲げて

今年こそは!と意気込む


しかし、今ここにあるのは昨年から引き続き付き合い続けている自分

そう簡単には染み付いた考えや習慣は変えられないし、数日経つと気持ちが萎えてしまう

新しい年を迎えたからといって

急に新しい自分にバージョンアップするわけもない(笑)


最初の大きな志はどこへやら


数ヶ月も経てば

いつもの自分に舞い戻り、しっかり慣れ親しんでいるという始末


目標が大きすぎても

ハードルが高すぎても

長続しないもの


今年、そしていま掲げたい目標

それは「小さな努力」


いきなり大きく変えようとすると、ほどなく挫折感を味わう


そうではなくて

出来る少しのことから

出来る範囲で攻めていこう


たとえ、思うように出来なくても気にしない

気持ちがブレてもそのときはそれでよし

そのときにまた気がついて、出来る範囲で修正すればよし


「毎日、ウォーキング!」

のかわりに週末だけとか

気がついたらストレッチだけでもやる、とか


そういった少しだけやる「プラスの行動」を侮らないで


どんなに僅かなプラスのカケラだっていい


そういったカケラを集めて組み立てて、少しずつ良いものに変えていけばよし

改善していけはよし


その1つ1つのプラスの積み重ねが集まって、最終的に大きく改善することができるのだから


アプローチの方法をかえればいい


ブレるときがあってもいい

ブレるときはあるものだ

思い直して、僅かなプラスを積み上げていこう


熱しやすく冷めやすい、ものごとが続かない自分を

「なんでできないの?」ではなく

「あら、また諦めたくなったのね」なんて笑いながら、なだめながら

小さな努力、小さな施しを積み上げていけばいいじゃないか


その努力はきっと

目指す自分の姿へと向かっている