幸せへの扉

繰り返し目にする数字パターン。これはいったい何を意味するのだろう。それが自分を導くエンジェルナンバーの存在に気づくきっかけだった。
その数字の意味を調べはじめたら、それは全てが今の自分へのメッセージだった。天使は少し前を歩きながら、道を示す。迷いそうになったら諭し、寂しくなったら愛のこもった言葉で励ます。始めからずっとそばにいてくれたのだ。すべての人のそばに。

ランク付けの価値観

世の中は大体においてランク付けがされている。

ある部門の1位だとか金賞だとか


それがもっとも権威と価値があるとされ、誰もが手にしたい


学校の成績や学校自体のランク付け。

会社のランク付け。

すべてに順位が決められていて

それがあらゆる人の共通認識にされていて

それを手にできることが、人生において、その道を極めることにおいて、最も重要なことと考えられたりする。


何かに取り組んでいて、その道を極めるためには、その世界の上位を目指すことが動機付けとなり、原動力になる。


でも、ときに順位なんて、僅差の時がある。

その僅かな違いで、ある人が一位で、ある人が二位に位置付けられ

格付けという価値観で見れば、この両者は大きく違ってしまう。

実際のところ、能力の差なんてそれほど変わらない。

なのに、気持ちのうえでは一位の人は自分の能力を肯定的に評価して

場合によっては、二位の人は同じくらい能力があっても否定的に自分を評価することになる。


この分かれ目は

ランク付けが全てという考え方に捕らわれている結果だ。


ランク付けを肯定的に自分に取り入れるのは良いかもしれないが

大体において、その「敗者」は否定的になる。


人生において、このような「負けた経験」をずっと引きずる人だっているのだ。


そして、その道を諦めたりもする


能力があるのに

この、否定的な気持ちひとつのためにだ。


能力のランク付けだけじゃない。


愛情の面でだってそうだろう。


人は誰もが愛されたい。誰かにとっての一番になりたい。

そこでもランク付けがされていると


自分はいつも誰かにとっての二番や三番…

そんなふうに感じる経験を重ねれば

その人は、自分がいつも「敗者」であるという意識をどこかで隠し持ちながら、生き続けていくことになる。

平静を装いながらも心は傷ついている。


人はそういったものに、一喜一憂して人生を送る。


でも、何かのきっかけで、それがすべてではないことに気づくこともできる。


ランク付けの価値観の犠牲になることはない。


なぜなら、全ての人に価値も能力も宿っているから

それが紛れもない事実だからだ。


ずっと、そのランク付けの価値観に縛られ続けていた自分に、天使が改めてそう教えてくれた。


ランク付けしたのは、人間だ

ランク付けはときに都合がよい

でも、それは王位は優れて、それ以下は劣るといった感情が少なからずもたらされる。

そういう価値観を持ったまま、健やかな気持を保てるか?


王位を手にできず、自分は所詮、二流だ、三流だと思いながら、自分で自分の価値を過小評価しながら、生き続けていくことが、果たして健やかだといえるか?


能力があるのに、価値があるのにもかかわらず

順位を意識して、能力が劣っているという判定をくだしてしまう

自分を見下してしまうのだ


競争が生まれる

奪い合い、憎み合い

ゆがんだ社会


本当は誰もがそんな世界にはいたくない


どんな自分でも価値がある、と思っていい。


いや、そう思うべきなのだ。


そう思うことは自画自賛のエゴではない。


自分自身に愛情を持つということなのだ


比べて、判別することを止めれば

気持ちを腐らせることなく、健やかに向上していける


しかも

肯定的な思いを心に持てば

肯定的な現実がもたらされる


三流だと思い続け、自分に蓋をしていれば、そういう現実しかやってこない


優れた力、豊かさ


本来、自然に素直に

自分が欲するものを、自らの心の持ち方を変えることによって引き寄せよう。

批判しない態度

たびたび受ける天使からのメッセージ



それは『批判しないこと』


誰かを批判しないこと

自分を批判しないこと

つまり、誰かの、自分の、至らなさや弱さばかり見つめて、責めない姿勢のことだ


普段、誰かや自分自身と対峙していると、ちゃんとやらないこと、ちゃんと出来ないことに対して、つい不満を感じたり、文句をいいたくなりがちだ。


しかし、誰もがベストを尽くしているのだ


ただ、それが誰かや自分を満足させる基準に達するものでないと

つい、不満に思ったり、ダメ出しをしたくなるものだ


こうできて当たり前

こうしてくれて当たり前


どうして、こうしてくれないの?

どうして、できないの?


アイツは、(自分は)、ダメなやつ、だとか

アイツは、(自分は)、使えない、とか


そういう思いが不穏な空気を生み出す


そんな感情を常に外に向けて出し続けたりしてて、気持ちがいいわけがない


そして、逆に誰かにそんなふうに思われれば

人は誰だって、自信を失う


ありのままの自分に対して自信を失う


だから、常に緊張を強いられ、「ちゃんとしなきゃならない」ことに心を責め立てられるのだ


心に緊張が続けば、心身のバランスを失うことにもつながる


昨今、心身のバランスを崩す人が多いのは、

毎日の暮らしのなかで、人間関係のなかで、ありのままの自分でいられないことへの恐怖が極限まで達しているからなのだろう


生きづらい社会


もちろん、仕事をこなす上ではきちんとしなければならない。相手の要望に応えなければならないのも確かだ。

しかし、そのことにこだわりすぎて、誰かの評価ばかり第一に考えて、息苦しくなるようでは、自分らしさを大切にしながら能力を発揮するのは難しい。


不満が不満を呼び

ギスギスした関係

〇〇が悪い、相手が悪い


不満だけを見つめていてはいつまでたっても状況は変わらない


自分を、誰かを批判しない態度を学べば

不満も少なくなる


善か悪の2極だけで、物事を判断してばかりいると

次第に息苦しくなってくる

自分に、他人に、周りに、Noとばかり言うことが多くなってくる


自分に優しく、そして他人にも優しく


『自分と違う行動を取る他人を認めて』

と天使はいう。

そうすれば「Yes」の幅も広がるかもしれない。


常に心に問いかける

いま、心に浮かべた思いは、自分のエゴを満足させたいだけの感情じゃなかったか?


生きづらい空気を少しずつ変えていきたい

自分のアイデアを信じる

このところ、よく示される天使からのメッセージがある


それは

『自分のアイデアを信じて』というメッセージ。


自分のやること、やり方に自信がなかった


そして、いつもなにかを恐れていたから

誰か信頼できる人を探しては、その人の意見を聴いて、鵜呑みにしていた


自分自身の感覚やアイデアに信頼なんてなかったから

そういう人に依存していた。


占いとかにも


ちょっとしたことにも不安で、いちいちお伺いをたてないと行動できなかった

そういう考え方が自分自身をスッポリと覆って、足をすくませ、行動できないようにしていた


それゆえ、これまでの人生は、窮屈で発展性のない歩みだった


『自分自身のアイデアを信じて』


それは、誰にも頼らず、私自身のなかに沸き起こる考えや感覚に基づいて、すべてを判断し、決断し、行動してかまわない、大丈夫なのだ、というしるし。


こんな自由な感覚ってあるんだ


身に付けていた重い鎧が取り払われたようだ


私が「これは良い」と感覚で思ったこと

それは私自身にしか、わからない

他の誰に聞いてもわからないこと


『答えをさがすなら、自分自身のなかに求めなさい』

『自分自身と対話しなさい』


私はこれから何をしていこう?

何をすれば私は喜ぶの?

そして、どうすれば幸せになれるの?

私自身も

他の誰かも


知りたい


幸せそうな誰かが羨ましかった

充実している誰かが羨ましかった

その人と同じ持ち物を持って、同じことをすれば、自分もその人みたいに充実できる…?


でも、たとえその人と同じことを真似してやってみても、もしかして、そのやり方は自分にはあてはまらないかもしれない


あてはまらないのだそうだ


私は、その羨ましい誰かにはなれない


私は私自身になるのだ


もっと、より良い、向上した私自身に


だから、「他の誰かの持っているもの」は、ほんとうは私自身には関係がないのだ


私は私自身になるのだ


他の誰とも違う


でも、輝く他の誰かと同じように


もっと輝く自分自身になるのだ