幸せへの扉

繰り返し目にする数字パターン。これはいったい何を意味するのだろう。それが自分を導くエンジェルナンバーの存在に気づくきっかけだった。
その数字の意味を調べはじめたら、それは全てが今の自分へのメッセージだった。天使は少し前を歩きながら、道を示す。迷いそうになったら諭し、寂しくなったら愛のこもった言葉で励ます。始めからずっとそばにいてくれたのだ。すべての人のそばに。

ありがとう、今あるものに

『ありがとう

今あるものに

与えられているものの多さを教えていただきました』


これは、クリエーターが集まるイベントで出会い、買い求めたポストカードの言葉


ないものを数えて

足りないものを嘆いて

出来ていない自分を嘆きはじめたら

走り続けることにすこし疲れたら

この境地に立ち返ろう


ハッとした

そうなのだ

足ることを知っていなければ、どんなにどんなに与えられても

「まだ足りない」といい続けるだろう


やり遂げてきたことを

一つ一つ成し遂げてきた自分を認めなければ

ずっとずっと

「自分は出来てない、やり足りてない」と思い続けるだろう

どんなにどんなに物事をこなし続けたとしても


どんなに、どんなに、毎日、毎日

何かを得ようと歯を食い縛っても


「足りない」という境地から抜け出さずにいれば

何事にも満足することは出来ないだろう


心でそう思うことは、現実もそうなるだろう


そうではない


気持ちが行き詰まるように感じてきたら

一拍置こう


足りないと感じている心境から

満たされない心境から

抜け出そう


それは大きな誤解だ


パッと抜け出して


深呼吸しよう


空を見上げてもいい


休息し、小さなトリップをして

心のムードを入れ換えて


誤解を解き放とう


事実はこうだ


私は、たくさんのことを与えられている、そして与えられたきた

今も、これまでも


私は、たくさんのことをやり遂げてきた、そして乗り越えてきた

今も、これまでも


私にはたくさんのものがある

たくさん、与えられている

たくさん、助けられている

たくさん、やり遂げてきたことがある


そんな私には

すばらしい価値がある

道のりの途中で

人生を、自分を、もっともっと豊かに変えていきたい

自分の望みを実現したい


そう決めて、歩んでいく道の途中で

時につまづき、そのときの自分の心の未熟さを嘆き、理想的に振る舞えない、行動できない自分をどうしても責めてしまう


しかし、そんな自分を許さなきゃいけない

自分を丸ごと受け入れ、愛さなきゃいけない

そう導かれ

そうしたいのに

出来ずに気持ちがふさぐ

いつもの駄目さ加減に戻ってしまったり

いつもの否定的な思い癖に包まれる


天使はいつもそんな自分を見ていて

今日もエンジェルナンバーを送ってくる


『神様は無限に愛と豊かさを与えようとしてくれてますよ

神様はいつでも「yes」と言ってるのですよ


心を開いて


両腕を広げて受け取ってください』


『受け取っていいのですよ』


些細なことで否定的になり、天使の導きに従い切れていない自分は、豊かさを受けとる資格がない、と心のどこかで思っていた


「情けない、いつもこんなことで同じ過ちをして」

「せっかく天使が導いてくれてるというのに…」

いつもそうやって、自分が許せなくなって

ウジウジして、いつもの心の袋小路に入る

心を閉めてしまうのだ


自分を否定的に見つめてしまう

連動して、自分の周りも否定的に見つめてしまう


どうせ…


なにもかも責めたくなってくる


心が荒れてくる


そんな様子を見て

私の思いを汲み取ってくれるようなメッセージを見せて下さった


心の汚れが一気に輝きに満ちたシャワーで洗い流された


「こんな自分でもいいんですか・・・?」と涙が溢れた


きっと神様は人を裁いたりせず

本当に慈愛に満ちている存在なのだ

そう感じた


なのに、わたしがわたし自身をいつも裁いている


でも

信じきって

心を開くだけでいい

心を開いていることが大事なのだ


変わりたい


何もかも包んでくれるような愛の力が

そんな「愛」がわたしを変えてくれる


そして、その力のおかげで、ここまで、よき方向に変えてきた


愛の力で人は力を得るのだ、と感じた


生み出す力を

変えていく力を


底知れぬ力が湧いてくる


愛というエネルギーがすべての源なのだ


まだ未熟な自分でも肯定して

今の自分の課題として

愛を受け取り、周囲に、宇宙に心を開く


すべてを信頼し切る練習を

いま、続けている

コントロールしない

うまくいかなかった

なにかにつけ、コントロールしようとしていた

躍起になっていた


しっかりしなきゃいけない、とか

人に対して、悪い感情を抱いちゃいけない、とか

こうあらねば

こう思わなくちゃ、とか


自然に沸き起こってくる、自分自身のなまの感情を理性でコントロールしようとしたり、ねじ伏せようとしていた

うまくいくようにとか、うまくやらなきゃ、と力んでいた


天使に言わせると、これらはすべて、願いを実現させることを阻む心理状態だという


さらに

力まない方がいいと知れば

「力んじゃいけない」と身構えて

心配しない方がいいと知れば

「心配してはだめだ」と力み

手放しなさいと導かれれば

「手放さなきゃ」とコントロールしようとする


よかれと思って

良くしようと思って

良くなりたいと思って

取り組めば取り組むほど

力が入って、苦しくなる

心のどこかで、緊張し、恐れているのだ


それは、コントロールしようとするからだ


だからうまくいかなかった


天使は「私たち天使に向けて解き放しなさい」と何度も伝えてくる


結局、心理的には何もしなくていいのだ


解き放つとは、本当に何もしないことなのだ


うまくいかせようとか

こうしよう、ああしないといけない、とか、いろいろコントロールしようとするから「恐れ」が生まれる

うまくいかなくなる

苦しくなる

いつまでたっても楽にならない

良くなりたいのに、かえって逆効果になる


だから、やり方を変えよう


嫌な思いや感情が沸き起こっても、まずそのまま

理想的でない現実が目の前にあっても、悲観的ムードに浸からずに、まずそのまま


どうにかしなくてはと焦って、もがくから

解決の糸口がこじれる


ただ静かに

そのムードから一歩脱出して

その縛られた心理状態から逃げる

別な心理状態の次元にトリップする

美しいものを見たり、楽しいことに触れたりすることによって

すぐさま嫌な心理ムードから逃げ出すのだ


こうすることにより

コントロールすることをやめることにより

膠着状態に陥った心の緊張がほどかれ

本当に願った事が実現する方向へ行くのだ


うまくいかせたかったら

望みを実現したかったら


自分の心を縛ってコントロールしないこと


ひとの感情は自然のものだ

押さえ付けるほど、いうことをきかなくなる

だから、ありのまま突き放し、無理に力でコントロールしない


天使はいう


力の入らない、自然体であることがいいのだ


「もっと楽に生きられるんですよ」


「もっと楽に生きていいんですよ」