幸せへの扉

繰り返し目にする数字パターン。これはいったい何を意味するのだろう。それが自分を導くエンジェルナンバーの存在に気づくきっかけだった。
その数字の意味を調べはじめたら、それは全てが今の自分へのメッセージだった。天使は少し前を歩きながら、道を示す。迷いそうになったら諭し、寂しくなったら愛のこもった言葉で励ます。始めからずっとそばにいてくれたのだ。すべての人のそばに。

もう傷つかない

誰かの言葉に

誰かの態度に

誰かの仕打ちに

不意に傷ついてしまうことがある


でも、もういたずらに傷つかない


傷つかなくていい


もう、それらに心を支配されない


不意にそんな目に遭ったときは

そんな強い力に思わず屈してしまいそうになる

でもただ屈するだけなんて

そんなの終わりにしよう


選べるんだ

自分で


人を攻撃したり、傷付ける行為をしてしまう人は

自ら自分の人生に暗闇と陰りを落とし込んでいるのだという

ゆくゆくは、その責任をその人自身が取らなければならなくなるのだ


そんな相手の気持ちに自分自身まで加担してしまって

一緒になって、自分自身を責めてしまったり

それによって、自分は情けない、ダメな人間と自分で自分に追い討ちをかけてしまいがちになる


だが、思い出してみよう


自分は

本来、愛されるに値する存在だということを


誰もがそうであることを


その事実を宿して、ここに生まれていることを


少しばかりの否定的な経験を

そればかりを一心に見つめてしまい

本来の、その輝かしい事実を

その時にほんのちょっと忘れているだけに過ぎない


柔らかな、しかし強い、愛のエネルギーは

こわばった、否定的なものを超える強さがある


もし、一瞬

心が強く否定的なものに捕まってしまったら


思考することをやめる


悔しさ、悲しさの思考へ進むのをストップする


それによって、自分はだめだとか、情けないとか、悔しいとか

そういう渦巻く感情をしばらくそのまま放っておく


屈しない

相手にしない


落ち着いてきたら

ゆっくりと行動してみよう


なにかやることがあったら

丁寧に向き合ってやってみる

それによって、少しずつ本来の「自分」を取り戻してくる

丁寧に、自分自身を手入れしてみたり

自分が好きなことをしたり

自分が喜ぶことをして

肯定感を少しずつ取り戻していく


本来の自分のあり方は、いつだって、安らぎに満ちているのだから


屈することはない

惑わされることはない


もし、惑わされたとしても

大丈夫

本来の自分の価値を信じて

「安らぎ」に戻ろう


戻れるのだ


天使に心を預けて、手伝ってもらってもいい


心が傷ついても


時間をかけて、愛を選ぼう


何にも負けることのない強い愛を

いまを生きる

夏になるとなぜか子供の頃を思い出す

セミの声を聴いていると

あの頃の気持ちが甦る

小学生のときにみんなで合唱で歌った歌は

いま聴いても新鮮で、あっという間に心はタイムスリップをする


「気球にのってどこまでも」

「空がこんなに青いとは」


ふと思い出して、YouTubeで聴いてみた


さわやかな希望に満ちた曲だ

メロディと言葉にあの頃の風を感じた



あのとき、「今」が楽しくて、「今」起こる出来事ひとつひとつに夢中だった


過去のことを悔やんだり、未来のことを想像したりすることは、あまりしなかったと思う


「今」がすべてだった


自分自身であることになんの疑問も不満も持たず

楽しさを追いかけていたあの頃


昔を思い出すのは、そんな過ぎ去った時間がかけがえのないものに思えるからだ


『どうしてそんなに昔ばかり思い出すの?

それに、昔を思ってセンチメンタルになっていますね』

天使の言葉が脳裏に浮かんだ


『どうして?』

『今、ここにないものばかり、あなたは追い求めているの?』


いつの頃からか

「今」に満足できなくなって

「今」、持っているものに不足を感じて

通りすぎたものばかり、懐かしんだり、手に入らないものばかり望んで

悔やんだりして、追いすがっていた


今をおろそかにして


今の自分をおろそかにして


『あなたに与えられているのは、いつでも今ここにあること、今の自分ですよ』


味わえるのは「今」

変えていくことが出来るのは「今」のみ


なのに、いつも今と向き合わず

過去にすがったり

未来を案じたり

ないものばかりを手に入れたがり、もがいているのだ


「あれもない、これもない」と不足感ばかり感じながら、長い間生きてきたから

心の思い癖が抜けていなかった


『あなたは心の力で自由自在に未来を創造していくことが出来ることを忘れないで

そして、今、ここから

昔のように、「今」を存分に味わい尽くすようにしてみてごらんなさい』


いま、どうしてこんなに無邪気な子供の頃を思い出すのだろう


思い出したいのだろう


それは、きっと

あの頃のような気持ちに戻る必要があるからだ


幸せな現実、そして未来はワクワクするような気持ちが引き寄せるからだ


いろいろ心に苦しみを抱き続けることが定着している今の自分は

無邪気だった頃を取り戻すことが必要だからだ


その苦しい習慣をすっぱりやめる必要があるのだ


「今」に夢中、「今がすべて」だったあの頃の自分を取り戻す

天使に心を預ければ、それが可能なのだ


私を縛るものはもう何もない

自分で心で縛ることを、もうやめよう


目の前に見えているのは

まぎれもなく

あの頃に合唱で歌った歌詞のような、煌めくような未来の光景だ


無邪気で、今を楽しむ心を取り戻した自分は

そんな輝く未来を

きっと手にすることができる

自分を整えること

自分を好きになれずに苦しんでいたときは、いつも自分自身がおろそかになっていた

外見も中身も自分に満足していないから、良くしていこうという気持ちも

どこか無駄なように感じていたものだ


思春期や若い頃、とても恵まれた容姿や能力を持ち、沢山の人に愛されている人がとても羨ましくて

自分はそれとは程遠くて

そういう人を見ているのが辛かった

同性だろうと異性だろうと

優れた人を見ていると、辛かった


劣等感のかたまり


自分は外見も中身もつまらない人間だというレッテルがなかなか拭えなかった


今ならわかるのだが

自分が自分自身をそう思っているものだから

引き寄せの法則が働き

周囲の人たちから、どこか見下されているような扱いを受けることが多々あった

そういう経験が自己否定感をさらに強めていったのである


思春期を過ぎて大人になっても

劣等感と自己否定感は形を変えてつきまとった


「持っていない」自分という劣等感


誰かと比べて〇〇を持っていないとか

経験していないとか

能力や環境、ステータス、持ち物

その時々の年代で移り変わっていく自分の欲しいものが

手に入らずに、いつも渇望していたものだ


自分に与えられているものに満足できなくて

自分の外にばかり、意識を向け、幸せを欲しがっていた自分


自分自身を整えていく喜びも知らずに


いろいろ苦しんで

いろいろ経験して

何が大切なのかわかってきた今の自分

昔の苦しみを手放し

一つ一つ自分自身を整えていく喜びを知り始めた


与えられているものに、不満ばかりためていても

この与えられた人生を楽しむことはできない


そんななんの得にもならない考え方は

今すぐ、かなぐり捨てよう


自分の身体を喜ばせること

自分の心を喜ばせること

そうしたことを一つ一つ丁寧にやっていこう

自分への贈り物として

自分にささやかな喜びを届ける


身体に優しい食べ物を口にしたり

1日のはじめ、朝陽を浴びて、生まれたての新鮮な空気を吸い込んだり

自然のなかを歩き、大地と木々の放つエネルギーを取り込み

美しいもので心を満たす

手を動かし、なにかを創る

身体を動かし、足を使い

生まれるエネルギーと熱を循環させる

自分自身を

完璧でなくてよいから

丁寧に整えていく


自分自身を慈しむ


そうやって、わたしは

本来のわたしに帰っていくのだ


喜びに満ちたわたしに