幸せへの扉

繰り返し目にする数字パターン。これはいったい何を意味するのだろう。それが自分を導くエンジェルナンバーの存在に気づくきっかけだった。
その数字の意味を調べはじめたら、それは全てが今の自分へのメッセージだった。天使は少し前を歩きながら、道を示す。迷いそうになったら諭し、寂しくなったら愛のこもった言葉で励ます。始めからずっとそばにいてくれたのだ。すべての人のそばに。

過去の痛みを解き放つ

過去の痛みに囚われて

過去の傷を思い出して

同じような出来事が起きて

同じ事を繰り返そうとするわたしに天使はたしなめるのだ


どうしたの?


何を恐れているの?


恐れるものはなにもない


最悪の状況はもう終わった


昔、誰かといがみ合って

傷ついた気持ちを思い出して

許せない気持ちが再び溢れだす


許せない、許すものかと叫び続ける


そのとき

目の前の相手に対し

それ以上に

昔の憎しみまで思い出しているのだ

重ねているのだ


何をそんなに憎んでいるのか

何をそんなに恐れているのか


最悪の状況はもう終わったのだ


熱くなる感情を

暴走をとめて

冷静に突き放し

静かに状況を見てみよう


そんなに許せないことなのか

わたしにも落ち度があったはず


こんなときは

同じ事を繰返し感じてしまう「わたしの思考」から離れる


それをすべて天使に託すのだ


この泥々した気持ちをすべて


憎しみの感情から離れられずにいる自分を解放しなければならない

意を決して


だらだらと負の感情に流され続けたままでいてはならない


もう新しい自分にならなければならない


今までのことは「卒業」だ


第三者の視点で俯瞰してみるのだ


そんなに憎むことなのか

昔の記憶が重なり過ぎていないか?

冷静に現状を見つめることができているか?

目の前の相手は、それほどまでに自分を傷つけたのか?


最悪の状況は終わっている


もう、いがみ合うときではない


心に刻もう


過去の痛みを解き放とう


自分に問うのだ


幸せになりたいよね?


幸せになるのが、わたしの本心であるなら

勇気をだして

これら負の感情をすべて天使に引き渡してしまおう


負の感情は

自分の力だけでコントロールはできない


押さえよう、コントロールしようとすればするほど泥沼にはまる


過去の心の痛みがすべて消えるまで

ずっと天使にこの感情を渡し続ける


そうして、わたしは、わたしのこれまでの人生を癒す


これからは、負の感情の奴隷にはならない

間違いを犯さない

心に聴いてみる


言い訳してないか?

弱さを棚にあげて、都合良く逃げようとしてないか?

自分の言い分ばかり正しいと思おうとしてないか?


どんなに言い訳しても

心は知っている

気づいている


間違っていることを


心に正直に向き合ってみる


悔しくて認めたくないことがあるのだと気づく


自分の弱さ


それを認めたくないから言い訳をするのだ


独りよがりになっていないか?


言い訳をするのをやめなければ、これからもずっと言い訳をしていくだろう


自分の弱さを認めずに

向き合わずに


きっと

同じ事を繰り返してしまうだろう


天使がちゃんと教えてくれるのだ

いまの気持ちのあり方を

ちゃんと指摘してくれる


だから

わたしは間違いを犯すことができない


間違ったまま

ごまかして

進むことはできない


心は正直だから


私たちを取り巻く世界もまた、「正直」だ

だから、私たちが外へ向かって出したものがそのまま自分自身へ返ってくることになる

そういうエネルギーの流れになっているものだ


正しさには正しさが返り

間違いには間違いが返る


自分が出したものが返る


心に聴いてみる


不満を溜め込んで

一方的な価値観に埋もれて

独りよがりになってないか?


感謝を忘れてないか?


目の前で起きた嫌なことや不満ばかり見つめていると

感謝すべきことが見えなくなる

感謝すべきことがたくさんあることを忘れてしまうものだ

自分の視点だけで何でも判断してしまい、他の立場での考えや視点を無視してしまう


深呼吸をして

天使と心を一つにして


そして心に聴いてみる


間違ってないか?


わたしは間違いを犯すことができない


天使と一緒だから


たとえ間違ったとしても

私は正しい道へ帰る


周りを冷静に眺めて

独りよがりの考えや恐れがあれば、天使に委ねてその考えを前向きなものに変えてもらう


そして、いつも、穏やかで

平和な世界へ戻る


それが正しい道

愛に還る

「愛」というエネルギー


愛だけが私たちに希望をくれる

愛だけが私たちに力をもたらす

愛だけが私たちお互いを繋ぐ


私たちを生かすのは愛というエネルギー


私たちを癒すのは愛というエネルギー


私たちを育むのは愛


たとえ、希望が持てそうにないと思える状況でも

愛というエネルギーに乗って、それに包まれながら

気がついたら、きっとその状況を切り抜けていけるのだ


奇跡の風に乗り、越えていけるのだ


愛のエネルギーはいつも私たちに降り注がれている


空気のように身近に


ただ素直な子どものように心の周波数を愛に合わせれば

沢山の恵みを受けとることができる


なのに

時に愛に背きたくなるときもある


何も信じられずに


信じたくなかったり


傷ついて、自暴自棄になって

何もないところへ放り出された気分になって

後ろ向きに暴走してしまうときもあろう


そんなとき

心は涙を流しているのだ

愛を信じられずに泣いているのだ


愛は常にそばにあるのに

気づけず

心を閉じて


自分で自分を傷つけるようなことを

敢えてしてしまうときも

本当は良くなりたい

愛に包まれて、安心したいと心は叫んでいるのだ


なぜなら

私たちの本質が愛のエネルギーだから


だから

いつも、そこへ帰りたい

愛に包まれた状態へ帰りたいのだ


還りたい


私たちの本質は愛なのだという

どんなに醜く思えても

自分の嫌な側面に目を背けたくても

否定したくなっても

許せなくても


私たちの本質は愛

変わることのない事実


愛というエネルギーによって私たちやすべての存在が生まれる

ここにこうして存在できる


私たちを生かすのは愛だけ


「愛」に帰ろう

私たちの本当のあるべき姿へ帰ろう


遠回りしても

いつもそこへ

還ろう