幸せへの扉

繰り返し目にする数字パターン。これはいったい何を意味するのだろう。それが自分を導くエンジェルナンバーの存在に気づくきっかけだった。
その数字の意味を調べはじめたら、それは全てが今の自分へのメッセージだった。天使は少し前を歩きながら、道を示す。迷いそうになったら諭し、寂しくなったら愛のこもった言葉で励ます。始めからずっとそばにいてくれたのだ。すべての人のそばに。

それでいい

「完璧」であることが正しいことではない

「完璧」な状態であることが理想なのではない

完璧さを求めれば求めればほど、自分を追い詰め、苦しめることになる


完璧であることを目指すのではない


何を知らなければいけなくて

今、ここに生きるのか


何を学ばなくてはならなくて

今、ここにあるのか


完璧さを求め続け

追いかけ続けても

答えなどまったく出ないことに気付く


心が窮屈なままで

自分を愛することはできない


自分を信頼することはできない


完璧なんて目指さなくていい


完璧に理想的であることにこだわるから

苦しみが生まれるのだ


「限界」を感じるのだ


完璧という幻を追い続けるのではなくて


心のなかに愛を灯すことに目を向けよう


私たちはいまここで

愛を学んでいるのだから


愛とは許すこと


愛とは

自分を

誰かを

許すこと


認めてあげること


理解すること


手をつなぐこと


完璧でなくても

手をつなぎ

助け合い

補い合うこと


たとえ自分ひとりでは

何かが足りなかったとしても


寄り添い合い

補い合うこと


そこに生まれるのは

お互いに向け合う愛


それを見つけるために

いま、ここで生きている


完璧でなくてもいい


至らなくてもいい


それでも

前向きであろうとすること


たとえ後ろ向きになることがあっても

否定的な思いが心のなかに広がって

心がかき乱されることがあっても


前向きであろうとすること


失敗しても

転んでも


起き上がってまた前を向いて

歩き出そうと思い直すこと


その気持ちを取り戻すこと


その境地に立ち返ること



それでいい


それでいいんだ

かけがえのない出会い

もっと愛をうまく伝えられたら

いくらでも繋ぎ止めておける関係があったかもしれない

これまでも


でも人との出会いは運命によって決められているのだろう


誰といつ、どんなタイミングで出会って

どれだけ一緒の時間を過ごすのかを


一緒に過ごして

笑ったり、泣いたり、怒ったり

1人きりでは味わえない

様々な豊かな感情を経験するのだ


その人と、その人たちと出会う意味がある


たとえ、いさかいのみで終わる関係だとしても

何がよくて、何が悪いのかを学ぶためのものだったり

だから、その人と過ごすことによって

どんな感情を経験するとしても

学ぶための意味のあることなのかもしれない


どんな出会いも

学んで、そして

時が来たら

離ればなれになることもあるのだろう


いま、また一つのかけがえのない出会いを経験した


それは

次のステップに進むために

欠かせない出会いであることを知った


限られた約束の時間のなかで

お互い影響を受け合い

楽しく、有意義な時間を過ごすことができた


この人たちに出会うまでは

ずっと、ぽっかりと空いた心の穴を

しばらくの間、塞ぐことができなかった


何をしても、塞ぎきれなかった


それを

この人たちは塞いでくれたのである


わたしに

ふたたび前進する力をくれた


これから

何に集中していくべきかを

思い出させてくれた


『やり直す機会』


この人たちとの約束された期間が終わり

いつものように会えなくなって

たとえ哀しくても


わたしはその出会いをプラスに変える


この出会いを通して知ったことを次にいかすべきなのだ


こうして

新たに誰かと出会うたびに

その相手に愛を伝えることが

上手になっていけたら


心を開いていけたら


階段をひとつひとつ昇るように

自分を高めていきたい


自分自身を愛で満たしたい


この宇宙に広がる愛で


次の扉を開くために


次のステップに進むために


新しいあしたはまだまだ続いていく


哀しみを手放して

心を開くようにしていれば

神様はこれからも

かけがえのない出会いをくれる


神様が言っている


『哀しまないで』


『あなたの心のなかで

何かが欠けることは決してありません』

目の前のチャンス

目の前のチャンス


いま、目の前に差し出されている機会


それを「そんなはずはない」とか

「思い違いだ」と払拭して

いつものようになかったことにして

心の声を遮り

チャンスを棒に振ってしまったら

せっかく与えられてる豊かさは受け取れない


夢はかなわない夢のまま

憧れは憧れのまま

それで終わってしまうのだろう

奇跡なんて訪れない

頑なに決め込んでいる


もしかしたら


もしこうだったらいいのに


そんな積極的な期待を握りつぶし

いつものように

静かで退屈な世界に再び埋もれてしまうことだろう


今まで見たことのない世界

味わったことのない体験

何か素敵な新しい変化

新しい出会い

新しい可能性を

恐れと疑いでみずから閉ざしてしまうのだとしたら

ここに生まれてきた意味も見いだせないだろう


素晴らしい世界も見ることができないまま

時間だけが過ぎ行くだろう


そうならないように


神様、教えてください

示してください


わたしがいつものように

恐れて、苦い経験に心が囚われて

可能性の扉を閉じてしまわないように


違う世界へと旅立つ乗り物に乗り遅れないように


大切な宝を見失わないように


もう見失わないように