幸せへの扉

繰り返し目にする数字パターン。これはいったい何を意味するのだろう。それが自分を導くエンジェルナンバーの存在に気づくきっかけだった。
その数字の意味を調べはじめたら、それは全てが今の自分へのメッセージだった。天使は少し前を歩きながら、道を示す。迷いそうになったら諭し、寂しくなったら愛のこもった言葉で励ます。始めからずっとそばにいてくれたのだ。すべての人のそばに。

救ってくれた人

人生で一番苦しかった日々に


私にとって光輝く太陽のような存在の人がいた。

この人の姿を見るだけで苦しみや悲しみが忘れられた。


暗闇のなかでの明かりのような人


この人がいなかったら、私は暗闇のトンネルの中を進んでこられなかった。


進む先々で、暗闇を照らすカンテラを手に持ち、私を光の方向へ導き出し続けてくれた人。


くじけそうになってもきっと抜け出せると信じさせてくれて


暗闇の世界を忘れさせてくれて


この人は私を

一歩一歩、光の方角へ導いてくれたのだ。


有り難う

あのとき、そこにいてくれて

有り難う

この人と出逢わせてくれて


この人はアーティストで

私はこの人の創り出すものに、触れているとき

ひとときでも美しい世界に旅をすることができた

暗闇を忘れて

至福の時間だった


この人が芸術に打ち込んでいる姿はとても美しく

多くの人を魅了していた。

私もその姿を愛した。


私もこの人と同じ芸術に打ち込んでいるから

そのアドバイスを受けていた会話のなかで、何気なくこう言ってくれた。


『良くなってきたので、この調子でどんどんやっていきましょう。』


この時の私の精神状態は絶不調のどん底だった。

母の病気のことで。

とてもそんな言葉のとおりの希望は抱けない心理状態。


でも

この人のこの言葉を信じた。

この言葉を頼りに光の方向へと重い足取りをなんとか向けた。

そのときの状況には希望を抱けないけど

この『前向きな言葉』を信じて

暗闇を照らすカンテラにして


この人がこのように言ってくれるなら

信じよう

信じたい

信じて歩き続けていったら、きっと暗闇から抜け出すことが出来る


そして、私はいま、暗闇から抜け出している。

気が付いたら

やっと。


どんな暗闇のなかでも

前向きな状況に転じていけることを信じること

それが大切だ。


希望こそが

それを信じて疑わないことが

その信念を貫くことが

全てを打開する羅針盤だ。


この人はきっと、天使の化身の人


この人は、天使に代わって

あのとき、私にこの言葉をくれたのだろう。

私が後ろ向きになって、落ちていかないように


本当に

有り難う

あのとき、そこにいてくれて