幸せへの扉

繰り返し目にする数字パターン。これはいったい何を意味するのだろう。それが自分を導くエンジェルナンバーの存在に気づくきっかけだった。
その数字の意味を調べはじめたら、それは全てが今の自分へのメッセージだった。天使は少し前を歩きながら、道を示す。迷いそうになったら諭し、寂しくなったら愛のこもった言葉で励ます。始めからずっとそばにいてくれたのだ。すべての人のそばに。

それでいい

「完璧」であることが正しいことではない

「完璧」な状態であることが理想なのではない

完璧さを求めれば求めればほど、自分を追い詰め、苦しめることになる


完璧であることを目指すのではない


何を知らなければいけなくて

今、ここに生きるのか


何を学ばなくてはならなくて

今、ここにあるのか


完璧さを求め続け

追いかけ続けても

答えなどまったく出ないことに気付く


心が窮屈なままで

自分を愛することはできない


自分を信頼することはできない


完璧なんて目指さなくていい


完璧に理想的であることにこだわるから

苦しみが生まれるのだ


「限界」を感じるのだ


完璧という幻を追い続けるのではなくて


心のなかに愛を灯すことに目を向けよう


私たちはいまここで

愛を学んでいるのだから


愛とは許すこと


愛とは

自分を

誰かを

許すこと


認めてあげること


理解すること


手をつなぐこと


完璧でなくても

手をつなぎ

助け合い

補い合うこと


たとえ自分ひとりでは

何かが足りなかったとしても


寄り添い合い

補い合うこと


そこに生まれるのは

お互いに向け合う愛


それを見つけるために

いま、ここで生きている


完璧でなくてもいい


至らなくてもいい


それでも

前向きであろうとすること


たとえ後ろ向きになることがあっても

否定的な思いが心のなかに広がって

心がかき乱されることがあっても


前向きであろうとすること


失敗しても

転んでも


起き上がってまた前を向いて

歩き出そうと思い直すこと


その気持ちを取り戻すこと


その境地に立ち返ること



それでいい


それでいいんだ