幸せへの扉

繰り返し目にする数字パターン。これはいったい何を意味するのだろう。それが自分を導くエンジェルナンバーの存在に気づくきっかけだった。
その数字の意味を調べはじめたら、それは全てが今の自分へのメッセージだった。天使は少し前を歩きながら、道を示す。迷いそうになったら諭し、寂しくなったら愛のこもった言葉で励ます。始めからずっとそばにいてくれたのだ。すべての人のそばに。

私は出来る、必ず

毎日が心を前向きに保つ練習だ。

頭でわかっても心が言うことをきかないときがある。

楽観すれば良いとわかっていても、つい、いつもの思い癖でクヨクヨ悪い方へ心配したり。


これは身についてしまった思考の癖だ。


暗い話を見聞きして

こうなったら、どうしよう…


誰かの華々しい成功を見ては

自分なんてつまらない人間だ…


でも、この思い癖は、きっと直っていく。


子供のころ、自転車の補助車を外して、何回も転びながら練習をした。


でも、そのときは、どうして私って転んでばかりなんたろうなんて、クヨクヨしなかったはず。


とにかく、スイスイと乗れる、出来る!、そのイメージで一心に練習していたことを思い出した。


意識せずとも、前向きなイメージをしていた。


出来る!と信じて疑わず、練習が楽しかった。


ワクワクした。


心の練習もそれと同じだ。


補助車を外したときは、進んでも数メートルでバランスを失った。

でも、気が付いたら乗れるようになった。


何回、転んだだろう?


でも、一旦乗れるようになったら、バランスを失って転ぶことはなかった。


クヨクヨし始めて、いつものパターンにハマると、決まって天使がメッセージをくれる。


417→前向きにだよ!

223→悲観的な気持ちにハマらないで!

8181→肩の力を抜いて、一人でなんとかしようと思わないで。あなたを助けたい存在がたくさんいます。


それらの数字を見ると、不思議に心が軽くなる。


ああ、また慰めてくれた。


いつも見てくれているんだ。私が調子にのって忘れているときも、いつでも、天使は忘れずに、私の心に反応する。


一人で暗い思考に包まれていると、天使は引っ張り上げてくれる。

いつも応援団だ。

心が軽くなって、気分が元通りになったら、もう大丈夫だ。


そして、私はいつか、自由自在にハンドルを握り、心軽やかにペダルを漕ぎ出していくのだ。


力強く。